宅建の通信講座で使う予想問題集はどんな役割? 

宅建の通信講座を比較するとき、問題集は絶対に(念には念を入れるくらいの勢いで)チェックするべき教材です。

ただしこの場合、あくまでも過去問題集が中心となります。宅建の試験問題は、合格率が毎年かなり安定しています。それは試験問題に例年あまり変わらない法則性がたくさんあるからです。それを知るには、過去の宅建本試験問題をひたすらやりまくることがいちばんなのです。

少し極端な話をするなら、通信講座の過去問をまじめにやっていればそれだけでもじゅうぶんに合格力は向上するはずです(講座がまともなら、という前提で語っていますが)。
ただし、問題集といえばそれ以外のものもありますね。すなわち「予想問題集」です。

予想問題集を発行している通信講座はかなりたくさんあります。ただし、こちらについては過去問と共通する方向性がある程度守られていれば、あまりディテールにまでこだわる必要はないでしょう。問題の難易度や解く目安となる時間、たっぷりとした解説……といった点が守られていればじゅうぶんです。もともと予想問題集は、時間が許すようであれば市販の商品を買って解いてもかまいませんし、いろいろな趣向のものをいくら力試しでチャレンジしても構わないのです。

※予想問題集と形式は異なりますが、「一問一答」「ミニテスト」といったシステムのものがあれば、それを使ってもまったく問題ありません(いまどきの宅建通信講座ではよくやっていますね)。むしろ、ネットメディアを舞台にして「時間がかからない」「どこでも使える」といった利点があるタイプが最近主流になっており、おおいに活用したほうがいいでしょう。


>>時間と予備知識がなくても宅建に合格できる最新の勉強法
>>通信教育のフォーサイト:宅建講座