宅建の通信講座を音声で配布することの意義

Tags:宅建, 通信講座, 音声

通信講座も年々進歩していますが、今ではただ送られてきた教材を解いて、それを返送して 添削してもらうという方法ばかりではありません(むしろそれだけの方法は下火になってしまいました)。

かなり前から、通信講座の世界には、宅建かどうかを問わず、音声のようなデジタルのデータを送付する方法が メジャーになっています(といってもカセットテープ等の方法はどちらかというと今ではアナログなほうに入ります)。
最近は、音声のデータといえば(たとえばMP3であったり)持ち運びがとても容易で、宅建の通信講座に 使われるととても効果的です。CDやDVDに入っていることもありますが、 インターネット等から配信され、自由にダウンロードできるようになっていることもザラにあります。
「音声でできた宅建通信講座」といっても何も感じない人もいるかもしれませんが、音声でできていることの 最大のよさは、空いている時間をまるごと貴重な勉強時間に変えられるということです。
いちばん多いのは、通勤のような移動中の時間ですね。ただ座ったり立っていたりしているしかなかった時間も 勉強の一環として使うことができます。主婦の場合は、家事をしながら使っているケースが多いですね。

それではまず、パソコン等から手に入れられる音声データ型の宅建通信講座の代表格はこちらです。

1.Webからダウンロードして保存・コピー等をする音声データ
・LEC
iPod等にいれて使っている人たちが急増していますね。
しかも音声メディアを発送してくれるサービスもやっていますから何も持っていない人たちでも 使いやすくなりました。
・ヒューマンアカデミー
総合ダウンロードコースがありますが、このコースは特に安い価格になっている上に 中身もコンパクトにまとまっているため、静かにファンを増やしています。

2.Webからのダウンロードのほか、DVDでも音声データ型の宅建通信講座が用意されている場合
・クレアール
音声データが収録された独自のDVDには根強いファンがいます。
もちろん、Webからもダウンロードして音声学習が簡単にできるようにしてありますが。

3.CDに音声データを配布して販売している宅建通信講座
・TOP宅建学院
CDを主体としていますが、 iPod等のMP3プレイヤーに録音して気軽に持ち運びも可能です。
・フォーサイト
音声専門のCDとなっています。ポータブルのプレイヤー等とセットで持ち歩くと、どこでも聞きたいときに 好きなように聞き込んで勉強ができます。
実際に、通勤や通学途中での使用率、そして家事等をしながらの使用率も高いようです。
安めなこともあって、気軽に買って試せるのが他の講座にはない魅力といえるでしょう。


>>時間と予備知識がなくても宅建に合格できる最新の勉強法
>>通信教育のフォーサイト:宅建講座